So-net無料ブログ作成

ぼたんえび [日本]

仕事で札幌に行くまでは北海道に来たことがなかった。仕事とは言え、せっかく札幌に来たのだからススキノに・・・と言うことで、同僚とススキノの繁華街に繰り出そうということになったのだが、飲めない私は遠慮した。強引に連行されそうになったが、「明日、仕事しねーぞ」と脅すと彼らは諦め、私ひとり残してススキノに向かった。私は、「しめしめ、今晩は一人で思う存分寿司が食べられる」とほくそ笑んだ。そして、見つけた寿司屋に入った。何も考えずに寿司屋に入ったが、意外と高そうな店だった。カウンターに座ると、すぐに「お飲み物は何にいたしましょう」と聞かれた。「お茶をください」、、、と言いかけたが、意外と敷居の高そうな店の雰囲気に呑まれたのか、「日本酒をお願いします」と言ってしまった。「日本酒は、何にいたしましょうか」と、これまた私には難しい質問が続いた。お勧めの酒を聞くと「国士無双」という酒が美味しいと言うので、お店の勧告に従った。ううっ、何のために同僚をまいてまで単独行動で寿司屋に入ったのだ。純粋に寿司を喰うためではないか。これでは、寿司屋の思惑通り、大枚をはたいてしまうことになる。その上、過去の経験から、酔って味がわからなくなった揚句、眠くなって食事どころではなくなってしまうではないか。こんなことでは、いかんと自分を叱咤した。しかし、寿司屋の大将は日本酒を発注した流れの中で、「何か(酒の肴を)お作りしましょうか?」と追い打ちをかけてきた。そこで、「寿司を握ってください」と言いきってしまうのも無粋である。仕方なく、「おまかせで」と言ってみた。大将は、一瞬「ニヤっ」と笑ったように思えた。きっと、”こんな一見さんのトウシロの青二才にゃー、適当なもの出して、最後にふっかけてやればいいや”と思ったに違いない。ヤバイ、それほどたくさんの現金を持ち合わせていなかった。いつものジレンマにハマった。いつの間にか、北の辛口「国士無双」とエビの刺身が出てきた。「ボタンエビです」と大将は言った。初めて見たボタンエビは、どう見ても巨大甘エビだった。大将は、困惑する私の頭の中を見透かしたかのように、「内地の人は大きな甘エビって言いますが、全然違います。今が旬なので食べてください」と言った。確かに、食べてみると、ねっとりとした甘さは甘エビのそれに近いが、身の弾力や食べ応えが全然違う。辛口の日本酒と飲むと、より一層甘さが際立つ、、、って、酒飲んでるじゃん。食べ終わった後、「美味しい」と唸ると、大将が「美味しいでしょう」。そして、「辛口の酒と一緒に食べると、より一層甘いですよ」と、またまた私の頭の中を見透かすように言うではないか。さらに、「個人的には酒と一緒に食べて欲しくは無いんですけどね」と言うので、何故なのか聞いてみると、「私が飲めないから」と言って笑っていた。急に親近感が湧いてきた。こんなことなら、最初から日本酒など頼まなくても良かったなー。私が本当は酒が飲めないことを話すと、「酒が強くなさのうなのは、なんとなくわかりました」と、また笑っていた。なんだか、全部読まれている。あまりにボタンエビが美味かったので、もう少しボタンエビの刺身をもらおうかと思ったが、ここはやはり、ボタンエビの寿司を握ってもらうことにした。大将は、私がボタンエビの握りを頼むより早く、「お酒は無理して飲まなくてもいいですよ。お代は結構ですから。それより、何か握りましょう」と言って、まだグラスに1/3以上残っている日本酒を下げてくれた。この大将只者ではない。客の心を完璧に読むのだ、と思っていると、出てきたのは甘エビの握り。あれっ。。。大将曰く、「すみません、ボタンエビが終わっちゃって」だって。うーん、ここまで百点満点の寿司屋だったのに。。。しかし、良く見ると身代わりにされた甘エビの握りには、甘エビが4本ビッシリと乗っていた。せめて、ボタンエビに見えるようにとの大将の心遣いなのかもしれないが、やや微妙。しかし、甘エビの握りは美味かった。甘く、そして、切ない味がした。
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

コメント 2

johncomeback

現在北海道を旅行中です。
今夜苫小牧で旧友と会う予定ですが、
寿司屋にしようかな(笑)
by johncomeback (2014-06-27 05:08) 

tamannugara

是非、堪能してきてください(w
by tamannugara (2014-06-27 22:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。